治療のご予約・お問い合わせ
03-3231-5567 電話受付時間
平日 9:50~19:30 /土曜 8:50~16:00 /日曜・祝日・木曜(不定期)休診
メールでのご相談
お問い合わせフォーム まずは、どんな治療を受けたいのか、どんな事を悩まれているのかというご相談はこちらのフォームからお気軽にご相談ください。
9月 2018
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
Loading
10月 2018
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading

空きあり

満席

前歯 割れる!《差し歯の入っている前歯の根が割れる、どうしよう!?》保存治療編

エド日本橋歯科 > 院長コラム > 前歯 割れる!《差し歯の入っている前歯の根が割れる、どうしよう!?》保存治療編

前歯 割れる』:『前歯の根が割れた!保存治療できないの?』編

「差し歯している前歯の根が割れた!どうしたらいいですか?抜歯しないとだめですか?保存治療はできないのでしょうか?」という患者様がよく来院されます。その質問にお答えします。

 

結論から言うと、治療法は2つです。

抜歯してブリッジやインプラント、入れ歯をするか、

保存してもう一度クラウンをする、

以上のどちらかです。

 

 今回は『前歯の根が割れた症例に対する保存治療法』について説明します。前歯が割れてお困りの方のお力になれば幸いです。

 

最初に、前歯の歯根が割れる方の共通する特徴

①歯の神経を若年時に取っている。

②差し歯を何度かやりなおしている。

③差し歯の土台が太く、短い。(残存している歯が薄い)

④もともと前歯が前方に傾斜していて生えていた。

⑤今までに何度か転倒接触事故などで前歯ぶつけている。

⑥不良な差し歯が入っていた時期がある。

⑦奥歯の状態が悪く、前歯だけで噛んでいる。

以上が挙げられます。いくつか心あたりがあるのではないでしょうか、

 

 さて、治療の話をしていきます。前述しましたが、前歯が割れたら抜歯か、保存か、の二者択一です。勿論、すべてが保存治療ができればいいのですが残念ながらそうはいきません。どこまで保存できるかどうかは歯科医師の技術と知識、経験によるところが大きいのですが、ほとんど(99%?)の歯科医が歯が割れてしまうと抜歯という診断をします。当院でも以前はそうでした。しかし、多くの割れた歯を保存できないか?という要望も多く、学会でも破折歯の保存症例の報告が出てくるようになったのもあり、2007年のマイクロスコープ導入時から破折歯の保存の試みしてきました。その結果、長期に保存ができている症例と上手くいかない症例を経験しました。そして、長期保存できている症例共通項を分析する事で、保存の確率が高い症例、保存の可能性が低い症例、もしくは保存できたとしても長い予後が望めない症例をある程度見極める事ができるようになりました。

 

 

 

いくつか保存できた症例を提示します。どの症例も他歯科医院で抜歯と診断された歯です。

 

前歯が割れて接着保存治療を行った症例

症例1

      

初診時の状態 右上前歯が割れていて歯肉から膿が出ている状態

 

マイクロスコープを使用して、割れた部分の感染を除去して、接着保存を口腔内で行った

 

根管はMTAセメントを用いて閉鎖

 

  

割れた部分を接着し、ファイバーと樹脂で土台をいれて歯を補強

 

最終のセラミッククラウンを入れて1年後の状態

 

 

症例2

 

治療前の状態 差し歯の入った上顎前歯が縦に割れている。

 

  

割れた歯を接着保存するために意図的に一度抜歯

割れた歯の感染部を除去して、接着処置をお口の外で行う

 

  

接着した歯をもとの位置に再植し、歯肉と縫合する事で安定をはかる

見た目を確保するために仮歯をもどす

 

  

再植後1ヶ月の状態 その後、仮歯で十分な期間をかけて様子を観察する

 

  

再植後3ヶ月の状態 歯肉からの出血、排膿など炎症はないのを確認して最終的なセラミッククラウンを装着

 

症例3

 

 左上前歯の差し歯が土台ごと割れ、グラグラすると来院

   

割れた前歯を意図的に一度抜歯してお口の外で接着すし、再植する

再植後2ヶ月の仮歯を入れて、様子を確認。歯肉の炎症はなく、健康な状態

再植後1年後の状態、歯肉に腫れはなく健康な状態である

 

破折部を接着保存する方法には3つの方法があります。

お口の中で接着する方法

意図的に一度抜歯して、お口の外で接着処置して、再度それを植立する、再植という方法

割れた歯の動いている欠片だけを一度抜き、それをお口の中で接着する方法

それぞれの方法に利点欠点があり、適応症例というのがあります。どの治療が適しているかは担当医に相談下さい。

 

 

 

次に、保存できなかった症例にを提示します。

 

接着保存治療を試みたがうまく行かなかった症例

    

前歯が割れている、残存している歯が薄いが保存の可能性があると判断、接着保存治療を試みた

 

 

残念ながら、仮歯で様子みている最中(接着治療後一ヶ月)に再度歯肉から膿みが確認。再び歯根が割れてしまった。残存している歯根は薄かったの原因と考える。

 

 

 

明らかに保存できない症例も提示します。

 

保存の治療を薦めなかった症例

 

残存している歯に感染があり、破折線が水平的(横方向)に複数あり

 

 

 破折している部分の感染が大きい

 

 

 

 

ここで明らかに言える事は2つ、

 一つは、歯根が割れてしまっても状態が良ければ長期に接着保存できている歯はあります。『歯根が割れた=抜歯』ではありません。どれだけ長期予後が期待できるかの診断と理解が大切です。

 そして二つ目は、残存歯質の状態が良くない(細菌感染が大きくある状態)歯、残存歯質が薄い歯、複数に割れている歯は接着保存には適しません。 

 

 

 割れた歯に対して、保存治療をすべきかどうかは、他にも破折の位置、長さ、大きさ、残存歯質の状態、感染の有無、対合する歯の状態、隣在する歯の状態、かみ合わせ、噛む力、など様々な要因が関係します。また、接着保存するデメリットもあります。むやみに、なんでも保存を試みるという考えではなく、今後一番いい人生を送るにはどうすればいいか?と長期的にな視点で考えるべきです。

 

 最終的に治療をどうするかは自分で判断するのではなく、保存治療と抜歯後の欠損治療の両方を熟知している歯科医師に直接診てもらいを相談される事をお勧めします。

 

PAGETOP