治療のご予約・お問い合わせ
03-3231-5567 電話受付時間
平日 9:50~19:30 /土曜 8:50~16:00 /日曜・祝日・木曜(不定期)休診
メールでのご相談
お問い合わせフォーム まずは、どんな治療を受けたいのか、どんな事を悩まれているのかというご相談はこちらのフォームからお気軽にご相談ください。
9月 2018
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
Loading
10月 2018
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading

空きあり

満席

インプラント

インプラント

インプラントとは

インプラントとは歯を失った部位にチタン製の人工歯根を埋入し、骨と結合させ、人工歯根(フィクスチャー)に義歯(アバットメント+セラミック冠)を装着する事で天然の歯と同等の機能をもたせる治療法です。

インプラントは1本だけ欠損した症例から、すべて歯を失った無歯顎症例まで対応ができ、さらに近年では磁石を用いて、入れ歯にインプラントを利用するなど、インプラントの活用範囲が増えています。

現在主流である骨結合型インプラントは1952年にスウェーデンで発見され、それ以来、多くの研究と改善がなされ、より確実に、より安全で、より機能的で、より審美的に行われる事が可能となり、現在の歯科医療においてインプラントは欠かせないものとなりました。

また、以前では骨がなくて出来なかった症例などに対しても骨増生が行われるようになり、より適応症例が広がりつつある治療法です。

インプラント

インプラントの構造とアストラテック・インプラント

インプラントの構造は歴史と共に改善されてきました。近年主流のセメンテーションタイプと言われるインプラントの構造は、顎骨に埋入されるフィクスチャーと呼ばれるチタン製スクリューとそれにネジ止めで連結するアバットメントとそれにセメントで合着されるクラウンの3ピース構造です。

アストラゼネカ社のグループ企業のアストラテック社が開発したアストラッテック・インプラントのフィクスチャーは表面をTiOブラストという特殊処理することで、より骨結合を確実にし、フィクスチャー上部にマイクスレッドという特殊構造を施す事で骨辺縁部の骨の吸収がほとんどなくなり、機能的にも審美的にも過去の問題点を大きく改善しました。
また、アバットメントとフィクスチャーの連結においても、コニカルシールデザインにより確実な連結が可能となり、治療術式は単純化されました。

当院では、アストラテック・インプラントが現時点のインプラントシステムの中からもっとも確実で信頼でき、患者にもっとも薦められるものと考え、すべてのインプラント症例においてアストラテックインプラントを用いてインプラント治療を行っております。

アストラテック・インプラント

インプラント手術(1回法、2回法)と骨造成、歯肉移植

インプラントの手術方法には上のように手術を1回でインプラント治療を進める方法と手術を2回行ってインプラント治療をすすめる方法があります。 これらの使い分けは1回法を行う時とは、フィクスチャー埋入部位の骨の状態が万全な状態の場合。2回法はフィクスチャー埋入部位の骨が足りず、骨増生しなくてはならない場合や、骨が柔らかく確実な骨結合を得るのに埋入したフィクスチャーに負荷をかけたくない場合などです。

手術時間は1回法であればインプラント1本の場合30分程度、2本であれば45分程度です。骨造成や骨移植を必要とする症例はケースバイケースですが長くても100分前後の処置で済むように計画します。

フィクスチャーを埋入するのに骨が足りない症例においては骨増生や骨移植を行って対応します。骨造成や骨移植を行う方法や行うタイミングは症例により様々です。症例によっては、歯を抜いたと同時にインプラントを埋入したり、骨造成を行ったりすべき症例があります。(インプラント治療をお考えの方は歯を抜く前に一度インプラント治療相談する事をお勧めします)
 当院では骨造成が必要と思われる症例すべてに、確実なインプラント手術を行うためにCT検査を行い、3Dインプラント手術シミュレーションソフト(SIM/PLANT)にて手術設計を立てていきます。

近年の研究成果により骨造成、骨移植の成功の診断レベルが上がりました。 当院では骨が足りない症例においては、インプラントを確実に成功させるために、CT検査をした上で、骨造成、骨移植を行っております。

また、審美性、清掃性が必要の際は骨造成のほかに歯肉移植(結合組織移植)を行う場合もあります。

インプラントの参考症例(治療期間、治療費)

参考症例1 下顎インプラント1本(1回法)症例

【術前】
右下親知らずを放置していたために、手前の奥歯の虫歯が重度まで進行して抜歯と診断。

下顎インプラント1本術前

【術後】
右下奥歯と親知らず、2本を抜歯して4ヶ月後に、右下インプラント1本を1回法で埋入。 治療期間はインプラント埋入手術から4ヶ月

下顎インプラント1本術後

【治療費】
インプラント1本(1回法) 40万円(税別)


参考症例2 下顎インプラント2本(1回法)症例

【術前】
左下奥歯は重度の歯周病で抜歯と診断、左下奥歯2本のインプラント治療した場合と部分入れ歯治療をした場合のメリット、デメリットを説明。患者様はインプラント治療を希望

下顎インプラント2本術前

【術後】
左下奥歯を抜歯して4ヶ月後に、左下にインプラント2本を1回法で埋入。 手術時間は40分 治療期間はインプラント埋入手術から4ヶ月

下顎インプラント 2本術後

【治療費】
インプラント2本(1回法) 75万円(税別)


参考症例3 上顎インプラント2本(2回法、骨増生)症例

【術前】
お口の中だけ見れば悪そうには見えないが、エックス線検査の結果、上顎の奥歯2本が十度の歯周病と診断。
2本の奥歯に対して、歯周病治療で保存した場合と抜歯してインプラントをした場合のメリット、デメリットを説明。
患者様はインプラント治療を希望。

下顎インプラント2本術前

【術中】
奥歯2本を抜歯後4ヶ月待ち、CT検査、その後、骨増生(ソケットスリフト)をして2本のインプラントを2回法で埋入。
手術時間 60分 

下顎インプラント2本術中

【術後】
治療期間 11ヶ月

下顎インプラント 2本術後

【治療費】
インプラント2本(2回法)81万円
  インプラントCT検査  3万円 
骨増生(ソケットリフト)5万円×2箇所
合計 92万円(税別)


参考症例4 下顎 インプラント5本 (1回法)症例

【術前】
下顎の5本の歯が重度の虫歯のために残存できないと診断。
部分入れ歯の治療法とインプラントの治療法の説明行い、患者様はインプラント治療を希望

下顎インプラント5本術前

【術中】
インプラント埋入手術を右2本、左3本を埋入入手術1回法で行う。
手術時間 右側2本40分 左側3本50分 

下顎インプラント5本術中

【術後】
治療期間 約8ヶ月

下顎インプラント5本術後

【治療費】
インプラント5本 1回法 180万円 インプラントCT診断料 3万円 合計183万円(税別)


参考症例5 上顎 インプラント7本(2回法 骨増生)症例

【術前】
上顎奥歯5本は虫歯と歯周病のため残存不可と診断、インプラント治療プランと部分入れ歯治療プランを患者に説明。
患者様はインプラント治療を希望。

下顎インプラント7本術前

【術中】
上顎に7本のインプラント埋入と骨移植を同時の手術を2回法で行う。 手術時間 約120分

下顎インプラント7本術中

【術後】
治療期間 約10ヶ月

下顎インプラント 2本術後

【治療費】
インプラント7本(2回法) 271万円
骨移植 5万円×2箇所 10万円
インプラントCT検査 3万円
合計 284万円


参考症例6 歯根破折(歯が割れる、歯が折れる)から
インプラント治療を行った症例(前歯のインプラント)

初診の状態

1、初診の状態

  歯根の先で破折

2、歯根の先で破折
右上の前歯の歯ぐきがら膿が出るという事で来院。右上の前歯は黒く変色をしている。
エックス線検査と歯周病検査(歯周ポケット)から完全な歯根破折を確認。
破折の状態から歯を抜く以外に膿を止める方法はなく、抜歯をおこない、インプラント治療を行う治療計画を提案。
患者様の同意を得て治療開始。

インプラントを埋入
エックス線

治療計画通り、抜歯を行い同時にインプラントを埋入と人工骨にて骨造成を行う。

インプラントに土台(アバットメント)を装着

4、インプラントに土台(アバットメント)を装着した状態

セラミッククラウンをセット

5、セラミッククラウンをセットした状態
インプラントが骨結合するのをまって、インプラントに土台を装着する。 そして、その上に最終のセラミッククラウンをセット。

術前の状態

術前の状態

6、術後9年の状態
前歯部のインプラント治療はを審美性が大きく問われ難しい治療である。
抜歯の段階から骨の喪失を考慮して、審美性がそこなわないような治療計画を立案することで、戦略的な治療が行えた。
術後9年経過した状態もインプラントおよびその周辺歯肉は安定している。

当院インプラント実績と10年安心保障

近年、インプラントの治療は診査機器から手術方法、フィクスチャーの表面性状、アバットメントの構造、上部構造の材質、にいたるまでインプラントに関わる事ほとんどすべてがめまぐるしく進歩しております。
これにより今まで不確実であったインプラント手術が確実に行えるようになり、より手術方法は単純化され手術時間は短縮、治療術式も簡略化され短期間で治療か終えることができるようになり、より見た目にも綺麗に、よりメンテナンスしやすく、より長期的予後がえられるようになりました。そして、なによりも進歩したのが、何をすると成功し、何をすると失敗するといった診断です。
私は1999年から現在(2014年3月)にいたるまで約14年に渡り400本近くのインプラント症例を行って、治療終了後にインプラントが脱離した症例は2本、インプラントの破折が2本で当院の成功率は99.0%でした。(アストラインプラントの全世界での成功率は98%)この高い成功率は無理のない治療計画を行ってきた結果だと考えています。
そして、なによりもインプラント治療で大切なのは責任だと考えます。治療から、メンテナンスまで最後まで責任をもち患者さん共にいる事が当院のプライドです。

安心

それでも、治療全部に言える事ですが成功率は100%ではありません。そして、インプラント(純チタン金属)自体、いくら生態親和性にすぐれ99%成功実績があるはいえ、体にとっては異物であるのはまちがいないのです。
そこで当院ではインプラント治療に対して10年安心保障を行っております。これは、「高額な治療費を払ったのに噛めない、数年で駄目になった」といった事がないように、不安なく安心して治療を行えるように、万が一インプラントが骨と定着できず計画した治療が出来なかった場合にはそのインプラントの治療費は頂きませんし、インプラント埋入後10年間のトラブルは当院の責任で対応させて頂きます。

当院のインプラント治療に対する治療方針

長期的な治療計画
正確で、無理のないインプラント手術、
  長期にわたり維持できるインプラント治療 

以上の事を治療方針として、以下の取り組みを実施しております。

  1. 正確な診査
    ⇒診査用インプラントガイド用いたCT検査
  2. 確実な治療計画
    ⇒10年保障できる無理のない、確実な治療計画立案
  3. 多彩なインプラント埋入オプション技術
    ⇒メンブレン、チタンメッシュ、コラーゲン膜などを用いたGBR、サイナスリフト、ソケットリフト、スプリットクレスト ソケットプリザベション、エクストルージョンによる骨造成、歯肉移植、結合組織移植
  4. 正確なインプラント埋入手術
    ⇒手術用インプラント埋入ガイドを用いたオペシステム
  5. 確実に噛めるインプラント補綴(かぶせ物)
    ⇒マイクロスコープを用いた補綴処置、経験豊富な歯科技工士
  6. 審美的で清掃しやすいインプラント補綴(かぶせ物)
    ⇒生態親和性に優れたチタンアバットメント、ジルコニアアバットメント、審美的なセラミック修復
  7. 安心できるフォローアップ
    ⇒10年安心保障
オペ中、滅菌下の状態

オペ中、滅菌下の状態

インプラント手術

インプラント手術ガイドを用いた正確なオペ (下顎インプラントフルブリッジの印象時の写真)

インプラント正確に埋入するためのインプラント手術ガイド

インプラント正確に埋入するためのインプラント手術ガイド

3Dシミュレーションソフト

インプラント埋入設計のためのコンピューター3Dシミュレーションソフト

インプラント Q&A

現在通院している歯科医院で骨がないのでインプラントは無理と言われました。骨がないとインプラントはできないのでしょうか?
インプラントは骨に埋入するので、骨がないとインプラント治療はできません。 骨の高さが足りなかったり、幅が狭い症例においては、骨造成、骨移植といった何らかの方法にて骨を増やして、その後インプラント埋入するといった手順で対応していきますが、インプラントを成功させるのに、十分な骨があるに越したことはありません。
実際、「骨がないのでインプラントができない」と前歯科医に言われ当院を来院された当院の症例において、本当にインプラントが難しい症例は、上顎症例では約90%が骨造成を行えばインプラントが可能でありましたが、下顎の症例では骨造成が可能な症例は約70%で残りの30%は骨造成が不可能な症例でした。  骨造成などを行っている歯科医にインプラント可能症例なのか相談されるべきです。
歯が時々腫れます。ある歯科医からこの歯は残せないので抜いて、インプラント治療を薦められました。
腫れていないと痛みもなく噛めますが、抜いてインプラント治療をおこなった方がいいのでしょうか?
時々腫れるという事はその歯には感染源となってバイ菌が繁殖して腫れるという症状を引き起こしております。一番ベストなのはその歯の感染源を取り除き腫れない状況をつくる事です。しかし、歯が割れていたり、歯周病が進行しすぎていたり、感染が歯根全体に広がったりしていると、腫れたり膿がでたりとりう症状が残ってしまいます。
そういった状況で一番問題となるのが、腫れている部分の骨が喪失してしまうことです。
腫れたり、膿がでている歯を残し、骨を失ってから抜歯を行ったら、すでにインプラントができる状態でない事が実際によくあります。そのように、治療が後手後手にならないように計画を立てて治療を行うべきです。
→参考症例:前歯のインプラント症例
インプラントは世界各国のいろいろなメーカーの物があるようですが、どこの物がいいのでしょうか?また、各メーカーで互換性はあるのでしょうか?
インプラントの種類は時代ともに多くなり、現在は国外国内で数多くのメーカーのものがあります。アストラのように大きな会社が巨額な研究費を使い開発したものから、国内の小さいメーカーが後発として開発されたものまであります。どんな物にも一長一短があり一概にどこのメーカーがダメでどこのメーカーがいいとは言えません。また、各メーカーでの互換性はまずないと考えてください。

しかし、インプラント治療は時代ともに大きく進化しつづけており、まだ未解決の部分もあります。そんな中でインプラントメーカー選択に重要視したいのがインプラントのリサーチデータがどれだけあるのかという信頼性です。リサーチデータはインプラントの先進国、(アメリカ、スウェーデン)でより多くより質の高いものがだされます。例えば、「どのインプラントがインプラント周囲炎(インプラントの周りでおきる歯周病)に対して進行しにくいのか、4種類のインプラントで比較しました」という研究をあるインプラント先進国の大学で行われた際に4種類のインプラントで比較しましたといった時にどうしても市場に流通していないインプラントメーカーのものはその4種類のなかには選ばれません。つまり、マイナーなインプラントメーカーに関しては比較研究や長期的な研究がされない、という評価になり信頼性が乏しいと考えます。

また、小さいメーカーの物はどうしても発売責任能力が低くなり、20年後にそのインプラントのパーツが取り扱われていないのか心配です。ある程度実績があり、メジャーなインプラントメーカーの物が信頼性があり、患者さまに提供できるものになります。

当院ではその時代時代で世界でもっとも信頼性のあるインプランメーカーの物だけを使用していきます。
インプラントをすると今後脳のMRI検査に影響をおよぼすと聞きましたが本当でしょうか?
インプラントによって脳のMRI検査データに影響がでることはありません。 インプラント本体はチタン製であり、エックス線を使うMRIやCTデータに影響を与える事が少なく、インプラントをしたからといって、MRIデータ解析しづらくする事はありません。

歯科治療で脳のMRIのデータを解析に影響を与えるのは口腔内に入れた金属のクラウンやブリッジがたくさん入っている方はMRIデータを解析しづらくする事はあるそうです。しかし、実際金属製のクラウンやブリッジがすでにお口に装着されている方が大半で、臨床的には脳のMRIのためにクラウンやブリッジを外さないといけないという事は起きてないのが現実です。

PAGETOP