お問合せ
重要なお知らせ初診のアポイント受付について新型コロナウィルスに関する医院情報

現在、初診アポイントが混雑のため取りにくい状況です。
12月2日現在の初診アポイント状況は以下の通りです。(初診アポイントのキャンセルが出た際は随時HPを更新しております)


2021年2月以降の初診アポイント受付は1月4日(月)朝9時50分から受付開始になります。

※初診アポイントはお電話でのみ受付ております。

医院の診療状況はこちら『新型コロナウィルスに関する医院情報

インプラント

インプラント

インプラントとは

インプラント

インプラントとは歯を失った部位に行う治療です。チタン製のスクリュー型の人工歯根(フィクスチャー)を骨内に埋入し、骨と結合を数ヶ月間待ち、人工歯根(フィクスチャー)に義歯(アバットメント+セラミッククラウン)を装着する事で天然の歯と同等の機能をもたせる治療法です。

インプラントは1本だけ欠損した症例から、すべて歯を失った無歯顎症例まで対応ができ、さらに近年では磁石を用いて、入れ歯にインプラントを利用するなど、インプラントの活用範囲が増えています。

現在主流である骨結合型インプラントは1952年にスウェーデンで発見され、1965年に現行に近いスクリュー型チタン製インプラント症例が報告され、日本でインプラントが広まったのは1983年からです。それ以来、多くの研究と改善がなされ、より確実に、より安全で、より機能的で、より審美的に行われる事が可能となり、現在の歯科医療においてインプラントは欠かせないものとなりました。また、以前では骨がなくて出来なかった症例などに対しても骨増生が行われるようになり、より適応症例が広がりつつある治療法です。

 

インプラントの使い方

インプラントの歴史は世界で約50年、日本では約40年です。インプラントの歴史は浅く、現状としてインプラントが何年使えるのか?、何年使えればいいのか?も定義されてもいません。そこで、インプラントの使い方が大切になります。いつ(When)、どこに(Where)、どの様に(How)、どんな(What)インプラントを使うのかが大事です。

 

当院での、インプラント治療

当院では数多くのインプラントメーカーがある中から、世界最大級の歯科製品メーカーであるデンツプライシロナ社が取り扱い、最も信頼性があるアストラテック インプラント システムを全ての症例で対応しております。全ての症例を院長が担当し、10年の安心治療補償をしております。安心、安全で責任のあるインプラント治療を提供しております。

 

インプラントの参考症例

参考症例1 下顎インプラント1本(1回法)症例

【術前】
右下親知らずを放置していたために、手前の奥歯の虫歯が重度まで進行して抜歯と診断。

下顎インプラント1本術前

【術後】
右下奥歯と親知らず、2本を抜歯して4ヶ月後に、右下インプラント1本を1回法で埋入。 治療期間はインプラント埋入手術から4ヶ月

下顎インプラント1本術後

治療期間7ヶ月


参考症例2 上顎インプラント1本症例

【術前】
左上奥歯1本が抜歯されて来院。診断後、左上欠損部に1本インプラント治療を計画した。

 

【術中】上顎洞挙上術(ソケットリフトと同時にインプラントを埋入を行った。

 

 

【術後】オペ後5か月の状態

  

治療期間 8ヶ月


参考症例3 臼歯部歯根破折から、インプラント ブリッジを行った症例

【術前】臼歯3本が2本が歯根破折のため保存不可状態であった。

 

 

【術後】歯根の脆弱な小臼歯も戦略的に抜歯を行い、インプラント ブリッジで対応した。


参考症例4 全顎的な重度の歯周病症例

【術前】「全顎的に歯がぐらぐらする」と来院。全顎的な歯周病治療を行い、奥歯にはインプラント治療を行った。

 

 

【術中】上下顎のぐらついていた歯はブリッジにて連結固定を行った。臼歯部はインプラント ブリッジで対応した。

 

 

【術後】

治療期間 18ヶ月

 


参考症例4 歯根破折(歯が割れる、歯が折れる)から
インプラント治療を行った症例(前歯のインプラント)

初診の状態

1、初診の状態

  歯根の先で破折

2、歯根の先で破折
右上の前歯の歯ぐきがら膿が出るという事で来院。右上の前歯は黒く変色をしている。
エックス線検査と歯周病検査(歯周ポケット)から完全な歯根破折を確認。
破折の状態から歯を抜く以外に膿を止める方法はなく、抜歯をおこない、インプラント治療を行う治療計画を提案。
患者様の同意を得て治療開始。

インプラントを埋入
エックス線

治療計画通り、抜歯を行い同時にインプラントを埋入と人工骨にて骨造成を行う。

インプラントに土台(アバットメント)を装着

4、インプラントに土台(アバットメント)を装着した状態

セラミッククラウンをセット

5、セラミッククラウンをセットした状態
インプラントが骨結合するのをまって、インプラントに土台を装着する。 そして、その上に最終のセラミッククラウンをセット。

治療期間 12ヶ月

 

 


6、術後9年の状態

 



7、 術後15年の状態

 


術後19年

 


参考症例5 全顎インプラント(上顎6本、下顎4本)症例


1初診時の状態 「入れ歯が嫌だ、取り外しがないインプラント治療を希望」

 


2治療中の状態 上顎に6本 下顎に4本のインプラントを埋入。

 

 

 
3治療後の状態 治療期間14ケ月


4 治療後5年の状態

 

ページ上部へ