治療のご予約・お問い合わせ
03-3231-5567 電話受付時間
平日 9:50~19:30 /土曜 8:50~16:00 /日曜・祝日・木曜(不定期)休診
メールでのご相談
お問い合わせフォーム まずは、どんな治療を受けたいのか、どんな事を悩まれているのかというご相談はこちらのフォームからお気軽にご相談ください。
5月 2018
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
6月 2018
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
Loading

空きあり

満席

多数の歯を失ってしまった方へ

エド日本橋歯科 > 治療 > お悩み別治療 > 歯を失ったお悩み > 多数の歯を失ってしまった方へ

歯を多数失ってお困りの方へ

歯を多数失った症例の治療前 

歯を多数失った症例の治療前


矢印
治療後、機能と審美の回復がなされた

治療後、機能と審美の回復がなされた


虫歯を放置してきたために歯を失った方や、歯周病の症状も自覚していたが十分な治療行わず放置していたために歯を失った方などで、今回を機に全体的治療をお考えの方につきましては精密検査を行い長期に渡って維持安定できる、治療計画を立案する事をお勧めします。
治療のゴールを設置する事で治療時間、治療回数の短縮、治療費の明確化、治療内容の把握など多くのメリットがあります。

歯科医院には通っていたが徐々に1本のかぶせ物(クラウン)から複数の連結したかぶせ物(ブリッジ)に、そして入れ歯になってしまい徐々に歯を失ってしまった方、歯周病の処置も受けてきたが比較的若くして歯を失ってしまった方につきましては、治療しても悪くなっていく、といった事を繰り返さないように、通常の治療では治らなかった原因を明確にした上での治療計画を立案する事をお勧めします。

すでに歯を失ってブリッジや部分入れ歯、総入れ歯、インプラント治療を行っているが噛むと痛い、入れ歯は浮く、違和感がある、見た目に気なるといった方につきましては、今起きている症状がどうして起きているのかを考え、その症状を解決するための環境改善を考えた治療計画を立案するこおとをお勧めします。
部分入れ歯から総入れ歯、インプラントにいたるまで様々な治療法の中からあなたにあった治療法を選択しより快適で健康な人生を送りましょう。

歯を多数失った際の治療法(部分入れ歯、インプラント)の比較

歯を多数失った際の治療法として、部分入れ歯治療とインプラント治療があります。どちらの方法もそれぞれ下記のような長所と短所がありどちらかの治療法が絶対だという事はありません。きちんと治療を行えばどちらもしっかりと噛め、長期的な予後は良いものです。患者さんご自身がなにをどこまで望むかによって、歯医者側の技術と知識と経験によってベストの治療が変わってきます。

部分入れ歯

構造

部分入れ歯装着前

部分入れ歯装着前

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯装着時

部分入れ歯装着時

現存歯と粘膜で噛む力を支持する
現存歯に入れ歯のフックをかけて入れ歯を維持させる
部分入れ歯は患者自身で取り外しができる

長所

  • 外科処置を必要としない
  • インプラントを用いた治療法よりも治療期間が短い
  • とりはずせるので入れ歯の清掃がしやすい
  • 部分入れ歯の考えられた設計により、残存歯を固定できる

短所

  • 顎提粘膜と現存歯でで噛む力を支持しているため、噛む力は天然歯ほどない
  • 入れ歯である異物感は残る
  • 毎食後、部分入れ歯を外しての清掃を必要とする
  • 現存歯に部分入れ歯を掛け維持させるために、現存歯を削り冠(クラウン)をかぶせる必要がある
  • 現存歯に部分入れ歯を掛け維持させているために、現存歯にトラブルが起きると部分入れ歯からやりかえる必要がある
  • 経年的にあごの骨の吸収を起こすため長期的には入れ歯があわなくなる
  • 片側性の欠損には入れ歯の安定が得にくい

インプラント

構造

治療前

治療前

インプラント8本埋入時

インプラント8本埋入時

治療後

治療後

インプラント体で噛む力を支持する
人工歯はインプラント体にネジで固定させる
人工歯とインプラント体は患者自身で取り外しができない

長所

  • 天然歯のように顎の骨に固定するため違和感なく噛む事ができる
  • 最新のインプラントと手術テクニックにより審美的な修復が行える
  • 部分入れ歯のように残存歯を削る必要がない
  • 部分入れ歯のように残存歯に負担をかけない
  • 片側性の欠損には有効

短所

  • インプラントを顎に埋めるには外科手術が必要
  • 治療期間が部分入れ歯治療よりかかる
  • インプラント埋入するだけの骨が必要。(骨が不足している場合は骨の造成が必要)

参考ページ→総入れ歯とその他の治療法の比較

PAGETOP