治療のご予約・お問い合わせ
03-3231-5567 電話受付時間
平日 9:50~19:30 /土曜 8:50~16:00 /日曜・祝日・木曜(不定期)休診
メールでのご相談
お問い合わせフォーム まずは、どんな治療を受けたいのか、どんな事を悩まれているのかというご相談はこちらのフォームからお気軽にご相談ください。
5月 2018
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
Loading
6月 2018
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
Loading

空きあり

満席

少数の歯を失ってしまった方へ

エド日本橋歯科 > 治療 > お悩み別治療 > 歯を失ったお悩み > 少数の歯を失ってしまった方へ

歯を少数失って(前歯1本失って)お困りの方へ

インプラント

歯がぐらぐらする、歯根が膿む、歯ぐきから膿みがでる、などの症状は歯根の感染、歯根の破折やひび割れ、かみ合わせなどが原因で起きます。症状に対しての原因が取り除ければその歯は生存できる可能性があります。しかしながら、感染が高度に進行していたり、歯根の破折が大きかったりして原因が取り除けない場合は残念ながら抜歯という診断になります。

抜歯後、食事をするといった機能性と見た目といった審美性の回復のために、その失った部分にはなんらかの形で補う必要があります。歯が欠損した部分に人工物で補う事を欠損補綴と言います。欠損部の補綴処置を行わないと、隣の歯が傾いたり対合する歯が伸びてきたりし、かみ合う歯が少なくなることで残された歯が割れたりといったトラブルが起こります。

歯を少数失った際の処置(欠損補綴処置)は2つの方法があります。1つはブリッジ、2つ目はインプラント、これらの方法にはそれぞれ長所・短所があり一概にどれが良いかは言えません。欠損部の状態や残存歯の状態、そして患者側の要望や歯医者側の技術、知識、経験よっても治療方法の選択は変わってきます。

あなたに合ったベストの治療法を選択しより快適で健康な人生を送りましょう。

ブリッジ・インプラントの比較

ブリッジ

構造

構造  構造

欠損している両隣りの歯を使って橋渡しする構造

 

長所

  • ブリッジ自体は取り外しのできない固定式のため違和感がなく噛める。
  • セラミックなどの素材を用いることで審美的な修復が行いやすい。
  • 治療期間がインプラント治療のよりかからない。
  • インプラント治療のような外科手術は必要としない。

短所

  • ブリッジをかけるために、両隣の歯を削る必要がある。
  • 隣の歯に連結して噛む力を支えるため隣の歯に負担がかかる。
  • ブリッジで連結するためフロスは使えない。清掃の難易度は通常の歯列とそれほど変わらない。
  • 複数の歯をブリッジで連結するので、1本でも再治療が必要となると、連結した歯を全部をやりなおす必要がある。

インプラント

構造

  

顎骨にチタンのスクリューを埋め込みその上に人工の歯を接合させる構造

長所

  • 天然歯のように顎の骨に固定するため違和感なく噛む事ができる。
  • 高度なインプラント手術テクニックにより審美的な修復が行える。
  • ブリッジ治療のように隣の歯を削る必要がない。
  • ブリッジ治療ように隣の歯と連結する必要がない。そのため、隣の歯に負担はかけない。

短所

  • インプラントを顎に埋めるには外科手術が必要。
  • 治療期間がブリッジ治療よりかかる。
  • インプラント埋入するだけの骨が必要。(骨が不足している場合は骨の造成が必要)

前歯1本欠損(抜歯、歯が抜ける)となった際の治療法

上顎の前歯が1本なくなった場合に限局した、治療法(ブリッジ、インプラント、部分入れ歯)の比較です。

ブリッジ

構造

ブリッジ装着前

ブリッジ装着前

ジルコニア セラミックブリッジ

ジルコニア セラミックブリッジ

ブリッジを装着

ブリッジを装着

左上前歯がブリッジ

左上前歯がブリッジ

長所

  • ブリッジ自体は取り外しのできない固定式のため違和感がなく噛める。
  • セラミックなどの素材を用いることで審美的な修復が行いやすい。
  • 治療期間がインプラント治療よりかかからない。
  • インプラント治療のような外科手術は必要としない。
  • インプラント治療するほど骨が十分なくても審美的コントロールができる。

短所

  • ブリッジをかけるために、両隣の歯を削る必要がある。
  • 隣の歯に連結して噛む力を支えるため隣の歯に負担がかかる。
  • ブリッジで連結するためフロスは使えない。清掃の難易度は通常の歯列とそれほど変わらない。
  • 複数の歯をブリッジで連結するので、1本でも再治療が必要となると、連結した歯を全部をやりなおす必要がある。

適応症と非適応症

ブリッジを支える、隣の歯がしっかりした症例は適応。

大きな歯列不正、隣の歯が歯周病、神経をとってから経過が長く歯質が脆弱な症例は非適応。

適応症と非適応症

ブリッジを支える、隣の歯がしっかりした症例は適応。

大きな歯列不正、隣の歯が歯周病、神経をとってから経過が長く歯質が脆弱な症例は非適応。

治療のポイント

適応症であれば、しっかり、丁寧に削り、適合よくブリッジを入れ、高度な技術で審美性のあるセラミックブリッジを装着すれば審美的にも機能的にも長期に安心した予後が望める。それを考えると、しっかり計画をねり、丁寧に治療をすすめれば歯を削る対価がある。

ブリッジをするという理由で神経を取る歯科医師がいるが、ブリッジをする理由で神経をとったり(抜髄)してはいけない。


インプラント

構造

インプラントが埋入している

インプラントが埋入している

アバットメントを装着

アバットメントを装着

セラミッククラウンを装着

セラミッククラウンを装着

長所

  • 天然歯のように顎の骨に固定するため違和感なく噛む事ができる。
  • 高度なインプラント手術テクニックにより審美的な修復が行える。
  • ブリッジ治療のように隣の歯を削る必要がない。
  • ブリッジ治療ように隣の歯と連結する必要がない。そのため、隣の歯に負担はかけない。

短所

  • インプラントを顎に埋めるには外科手術が必要。
  • 治療期間がブリッジ治療よりかかる(3~4ヶ月)
  • インプラント埋入するだけの骨が必要。(骨が不足している場合は骨の造成が必要)

適応症と非適応症

骨の厚み、高さが十分ある、歯列不正がなければ適応。
骨がない、歯列不正がある、将来矯正治療を行う可能性がある、自分自身でのメンテナンスクリーニングができない、は非適応。

治療のポイント

しっかり条件を踏まえて、治療を行うことで安心した予後が望める。
無理のある治療計画は禁物である。
長期的に考えた場合の、インプラント治療のタイミングも考慮すべきである。


部分入れ歯(1本義歯)

構造

入れ歯を外した状態

入れ歯を外した状態

入れ歯装着時

入れ歯装着時

入れ歯装着時

入れ歯装着時

長所

  • 歯を削らない。
  • 外科処置を必要としない。
  • 治療期間が短い。

短所

  • 装着に違和感がつよい。
  • 発音に問題がでる。
  • 毎食後の清掃が必要となる。
  • 食物が入れ歯の下に入り込む。
  • 入れ歯を支えるワイヤーが見えて審美性に欠ける。
  • ワイヤーにものが引っかかりやすい。
  • 部分入れ歯と接触する部位が虫歯になりやすい。(それを考えるとブリッジするほうが賢明である)。
  • 部分入れ歯が壊れやすい。
  • 経時的に部分入れ歯が緩くなる。
  • 粘膜に負担がかかるので、抜歯した部位の骨が吸収しやすい。(特にワイヤーレスの軟性シリコン部分入れ歯は粘膜だけに負担がいき、骨吸収が大きい)

適応症と非適応症

インプラントはしない、歯は削りたくない症例にしかこれを選択せざる得ない。

治療のポイント

短所が多すぎて、通常の症例にはお勧することはない。
長期にこれをすることはお勧めできない。


当院の見解

ブリッジかインプラントかは、隣の歯の状態(神経の有無、ポジション、歯周病の状態)、そこのかかる力(かみ合わせ)、歯の求める要因レベル(審美性、機能性、永続性、安心感)、術後のメンテナンス、治療費用、期間を総合的に判断してどちらが有利な条件なのかを考えて選択すべき。どちらかが、絶対にいいという事はない。
何を優先順位付けするかによって、理想の治療法は変わってくる。

PAGETOP