お問合せ
重要なお知らせ初診のアポイント受付について新型コロナウィルスに関する医院情報

現在、初診アポイントが混雑のため取りにくい状況です。
12月7日現在の初診アポイント状況は以下の通りです。(初診アポイントのキャンセルがでた際は、随時ホームページを更新して先着順に電話受付しております。)
次回、2022年2月分の初診アポイント受付開始は1月7日(金)朝9時50分からになります。


※初診はすべてアポイント制で、受付はお電話でのみの対応になります。(初診はアポイント制で急患対応はしておりません。)


 

医院の診療状況はこちら『新型コロナウィルスに関する医院情報

ご相談ください、貴方のお悩み解決します。

日本橋で18年、
落ち着いた、確実な歯科医療を 
マンツーマン治療で提供しております。

一人一人の患者様と真摯に向き合う、
技術と信頼のエド日本橋歯科
本当に伝えたい治療がある、
技術と信頼のエド日本橋歯科

エド日本橋歯科についてAbout

①完全アポイント制にて、

②院長がマンツーマンで、

③十分な治療時間をとり、

④画像を用いた解りやすい治療説明を行い、

⑤全症例マイクロスコープを用いて精密な治療を行っております。


エド日本橋歯科の特徴を詳しく見る

院長のご挨拶Message

藤田大樹

2003年にエド日本橋歯科を開院し、早いもので18年が経ちました。
今後も、歯が喪失してしまって本気で治したい、歯の見た目を本気で奇麗にしたい、今の歯の健康状態を本気で維持したい、と本気で歯の治療をお考えの方に本気で治療に取り掛かり、長くお付き合いさせて頂きたいと思っております。
中でも下記のような治療を得意としています。

①前歯の治療

前歯のセラミック クラウン&ブリッジ治療、差し歯の破折や前歯の破折に対する治療(成人)。  治療オプションは接着ブリッジ、抜歯骨保存術(ソケットプリザベーション)、歯肉移植(CTG)、エクストルージョン、歯髄の保存まで幅広く対応しております。多くの審美回復難症例を手掛けております。

②歯の保存

マイクロスコープ&CTを用いて、歯髄の保存(生活歯髄切断)、根管治療難症例、破折歯の接着、歯牙再植術、自己歯牙移植、まで多彩な治療オプションで対応しております。あらゆる可能性を考えて歯を保存しております。

③多数歯欠損、多数歯カリエスへの治療

多数歯カリエス修復治療、インプラント、総入れ歯から部分入れ歯、無歯顎インプラント修復まで(インプラント・オーバーデンチャー、 インプラント・ボーンアンカードフルブリッジ)得意としております。

④成人矯正治療(矯正専門医との連携治療)

矯正治療と補綴(クラウンやブリッジ、インプラント)治療が必要となる症例を矯正専門医と密に連携をとり治療対応しております。

⑤全顎治療

患者様の要望や年齢、生活状況、予算など患者様個人個人に合わせた治療計画を提案し、治療期間や回数がかからない様に治療を行い、安心治療保証もしております。

院長・スタッフについて詳しく見る

院長コラムColumn

いまどきの前歯 ブリッジ

いまどきの前歯 ブリッジ《7つの進化と接着ブリッジ》   いまどきの前歯ブリッジ①:フレーム材料にメタルを使わない、透明感のある自然な色調、抜歯部位がどこだかわらない審美...

長期維持するクラウン&ポストコアの5つの基本原則

クラウン脱離、歯根破折を起こさない、 長期維持するクラウン&ポストコアの5つの基本原則 クラウンの脱離や歯根破折を起こさないようにするには、クラウンにかかる力をポスト&コア部だけで...

夜間のマウスピースの効果

夜間マウスピース(ナイトガード)の効果 ①歯のすり減りを防止する(その代りにマウスピースがけずれる) ②歯列をマウスピースで連結固定することで、歯ぎしり中の力を歯列全体に分散させる...

歯の破折に対する、矯正的歯の挺出とその限界

前歯など歯が破折したとき、その歯に矯正力をかけて歯根を挺出させ、その後クラウンなどで修復する方法がある。それにより抜歯を行わず、その歯を救うことができる。しかし、歯根を挺出させる事...

メタルコアの除去法

当院でのメタルコアの除去法を動画で紹介します。 当院では、メタルコアをマイクロスコープを用いて拡大視野下タービンバーで削合し、歯根へのダメージを最小限にしてメタルコアを除去していま...

シリコーン精密印象採得の実際

セラミッククラウンを製作するステップの一つに精密印象採得があります。シリコーン印象材を用いて、正確な型を取ります。このステップは非常に重要で、これがセラミッククラウンの適合精度に反...

マイクロスコープは歯科治療に革命をもたらした

肉眼での視野 マイクロスコープ5倍での視野 マイクロスコープ20倍での視野 肉眼では解りづらいかったが、拡大することで、根管の横に歯肉に貫通した穴(パーフォレーション)がしっかり確...

院長コラムをもっと見る

ページ上部へ